落ち葉
石と花びら
花とつぼみ
葉と茎
実と種
蜜蜂


デートの時の優しい一言

デートの時、モテる為に、男に求められる要素の一つに優しさが挙げられます。

 

女の子と会って、まだ日が浅いときのデートでは、とりあえず『優しさ』を形だけでも見せておけばいい時もあります。

 

デートの一軒目の店を出たとき、すぐに2軒目を誘うんではなく、まだ終電を気にするような時間じゃなくても、とりあえず言ってみてください。

 

『〜ちゃん、時間・・まだ大丈夫?』

 

とりあえず、時間を気にしてあげている感を出しましょう!

 

ベタかも知れませんが、そういう細かいところの気遣いを女の子は見ています。

 

『まだ時間は全然大丈夫だよねー次の店いこーよ!!』

 

これは最悪です。

 

こういう一言、小さな優しさが積み重なって、女の子は段々と心の扉を開いていきます。

 

そもそも、あなたと二人の食事に来てくれているのですから、時間が大丈夫であれば2軒目くらいは来てくれるんです。

 

それでも一応気遣っている優しさを見せるのがポイントです!

 

そうすれば2軒目以降の展開も、あなたのペースで進められること間違いなしです!

 

いくのか待つのか。

 

デートの1軒目。

 

もちろん会話が盛り上がり、雰囲気も良くなる。

 

このまま口説く落とす!! 

 

のがベストで理想ですが、1軒目にいる間に、自分の中で状況判断をしてみる。

 

・このまま攻めて大丈夫なのか?
・まだ早いんじゃないか?
・向こうのテンションはどうなんだ?

 

つまり、このままGO!なのか次の店に持ち越す、または次回会ったときに落とす。

 

ここの判断を間違うと、せっかくサシに持ち込んだのも水の泡。

 

次はありません。

 

向こうの受け入れ態勢が整っていたら、ドンドン強引な程攻め込む、まだ整っていなかったら、常にジェントルマンに徹して機械を伺う。